我々の歴史 – Nossa História

ブラジルへの県人移住

 「県人最初の移住者は一関の小野寺氏」岩手県人会最初の県人調査書がこのほど見つかり、1918(大正7)年7月25日「さぬき丸」でサントスへ着いた一関市 大町出身の「小野寺美代治」氏がいました。これまで最初の移住者は、1921(大正10)年4月「タコマ丸」で渡伯した和賀町出身の「武田貞吉」氏一家と伝えておりま した。小野寺さんはパラナ州コルネリオ・プロコピオ周辺に入植、子供が薬剤師の資格を得た事から、サンパウロ市隣町、グァルーリョス市で薬局を経営。傍ら日本語教室を開いていたようである。因みに大正時代の移住者は26家族だったようである。面白いことに県人会の畑勝喜氏の母親の叔父にあたる相沢寿(一関出身)の名前が見られ、以後、戦前戦後を通して約800家族が移住と記されています。

県人会の創立

 1959(昭和34)年10月11日、千田安治、高橋善導、江刺家勝、高橋市太郎、田鎖捨蔵の5氏が発起人となり、各移住地の同郷人会をあつめて「在伯岩手県人会」を発足。1971(昭和46)年、「ブラジル岩手県人会」に改称。1983(昭和58)年に会館が建設された。県人の心の通う「親睦と和」、そして「母県との交流」を柱に、岩手の食文化の伝承や子弟育成、母県や世界の岩手県人会との交流を行っている。2008(平成20)年6月15日には創立50周年を、2013(平成25)年8月18日には創立55周年を迎えました。

歴代会長 – Presidentes

presidente-01presidente-02presidente-03presidente-04
 初代
(1959 – 1969)
2代
(1969 – 1976)
3代
(1976 – 1977)
4代
(1977 – 1980)
江刺家 勝
Masaru Esashika
阿部 尚
Hisashi Abe
雫石 正雄
Masao Shizukuishi
吉田 栄
Sakae Yoshida
 軽米町出身
昭和5年着伯
花泉町出身
昭和10年着伯
盛岡市出身
昭和10年着伯
盛岡市出身
昭和35年着伯
    
presidente-05presidente-06presidente-07 
5代
(1980 – 1990)
6代
(1990 – 1998)
7代
(1998 – 現在)
 
村松 吉次郎
Yoshijiro Muramatsu
菊地 義治
Yoshiharu Kikuchi
千田 曠曉
Hiroaki Chida
 
 矢巾町出身
昭和9年着伯
一関市出身
1959年着伯
金ケ崎町出身
1957年着伯
 

県人会の役割

  • 会員、子弟同士の親睦交流情報提供(会報発行)
  • 母県との交流、母県よりの訪問者への応対、親族調査依頼への応対
  • 次世代の人材育成青年交流
  • 留学生研修生の派遣事業
  • 日系団体との支援交流
  • 図書の貸し出し(無料)
  • その他

主な広報

  • 県人会の動き ・・・ 会報『ブラジル岩手県人会だより』
  • ふるさとだより・・・・岩手日報社提供
  • お知らせ ・・・ 行事、事業、県人の消息(逝去者など)
  • 旅紀行、移住の思い出、寄稿文など、『ふるさとだより』

所在地・連絡先 – Localização・Contato

住 所:
Rua Tomaz Gonzaga 95-M
Liberdade - São Paulo - SP - Brasil, CEP: 01506-020

Tel. / Fax.: +55 (011) 3207-2383

E-mail: iwate@iwate.org.br

岩手県人会館はサンパウロの中心地にあり、地下鉄リベルダーデ駅より徒歩5分。近くには日本食品店、レストラン、ホテル、大学、病院、また、日系人の中心であるブラジル日本文化福祉協会、サンパウロ日伯援護協会(総合診療所、病院、援護施設)、それ以外にも10余の県人会や旅行社、銀行、邦字新聞社などがあります。